自分に似合うピアスやイヤリングの色形選び

私の一番のお気に入りのピアスは、両親からプレゼントしてもらったピアスです。
両親が沖縄へ旅行した際に買ってきてくれたもので、珊瑚でできた小ぶりのピアスです。
今まで愛用してきてピアスの中で一番私に似合っていて、これからもこれ以上のピアスは探し出せないのではないのかと思うほどのピアスです。
値段は正直それほど高くはなかったと思いますが、私にとっては一番価値のあるピアスです。
このピアスは私の変な位置に空いたピアスの穴にもしっくりくるピアスで、珊瑚の色も私の肌色にピッタリ合います。
デザインもシンプルの中にも可愛らしさがあって、正装にもカジュアルにも幅広く使えるので、ほぼ毎日このピアスをつけていました。

ピアスやイヤリングでファッション

残念ながらある日外出中に片方なくしてしまいましたが、もう片方のピアスは今でも大切にとってあります。
もしいつか私が沖縄へ遊びに行く機会があったら、同じデザインのピアス探しに時間をかけたいと思っています。
そして、もし運よく見つけることが出来たら、私の娘が大人になったらつけてもらいたいと思っています。
私の娘はまだお腹の中ですが、いつかピアスを付けられる年齢になるのが今から楽しみです。
娘には、流行に流されず、自分に合ったものを探し出せる女性になってほしいです。

ピアスらしく小ぶりのものが好き

高校生の時に友達と一緒にピアスの穴をあけました。
当時、両親(特に父親)は穴をあけるのに反対でしたが、その反対を押し切って勝手にあけてしまいました。
それほど怒られはしなかったものの、父は内心かなり立腹していたようで、母から間接的に注意されました。
数年後、父母が旅行にいき炭鉱見学などをしたらしく、そのお土産にパワーストーンのピアスを買ってきてくれました。
そこで初めて、ピアスを許してもらえたと感じて嬉しかったです。
ゴールドの金具にシンプルな丸いピンクの石が下がっているピアスで、つけるとゆらゆらするのでかわいいです。
シンプルですが、TPOを選ばず使えるので今でも大切にしています。
後から調べたところ、インカローズということが分かりました。
そのキーワードは「薔薇色の人生」だそうです。
父母はそこまで意識して選ばなかったかもしれませんが、プレゼントのパワーストーンに父母の愛を感じて、心が温かくなりました。
その後も、ピアスをしていると、お友達や彼氏などからもプレゼントでもらう機会が多く、プレゼントでその人の個性が分かるので面白いと思いました。
自分では選ばないようなデザインで思いがけずお気に入りになっているものや、相手からはこういうものが似合うと思われているのかな?と感じることもあり、ピアスをしていてよかったなと思います。

セカンドピアス
ピュアチタンを使ったピアスは肌に優しいアクセサリー。ピアスホールの不快感が無くセカンドピアスに最適。
www.nadeshiko-st.com/c/sp

«
»